たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  町田市 町田市


2018年06月18日

SAFTY PAL の輪を広げようの部~真夏の練習会 2018 開催決定‼️~

今年もやります‼️真夏の練習会 2018 開催決定❗

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
先着25人で自動的に締め切りとなります。
申込みは、自車輌かレンタルかを宣言してください。参加とだけ書かれてもエントリーとなりません。
今年は、指導員の参加があるかも知れません‼️
雨予報の場合は、前日の22時迄に決行か否かを告知します。
見学だけと言う方も、自由に見に来てください。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



今回は、皆さんに真夏のセパツー練習会開催決定のご案内です。卒業生の卒業生による卒業生の為の練習会です。セパル卒業生の特権とも言えるこの練習会。毎回大人気で一瞬で定員に達してしまいます。皆さん、急ぎエントリーをお願いします。

開催要領は以下の通りです。
開催日 :2018年7年16日(月 祝日) 雨天中止
集合時間:12時
練習時間:13時~16時
集合場所:セパル(2階奥の第2教室)
参加費 : 自車輛持ち込み参加は、2,000円。
教習車のレンタル参加は、4,000円。
持ち物 :参加費、お昼代、カメラなど。
参加資格:SAFTY PAL(普通自動二輪以上を保持している方。卒業生とお友達。普通免許をもって大型チャレンジ中の在校生もOK。)
服装格好:教習が受けられるライディングに適した格好。半袖、半キャップ、サンダルなどはNGです。
走行要領:当日に概要をご紹介します。
参加申込:このブログにコメントください。不安な方は、相談コメントでもOKです。『オーナーにメール』から、メールでお問合せ頂いてもOKです。申込みの場合は、自車輛持ち込みか教習車のレンタルか、希望を書いてください。尚、台数に制限がある為、極力自車輛での参加をお願いします。

早速、エントリーの開始です。

参加者一覧(現在台)
①江川野さん(自車輌)
②けいちゃん(レンタル)
③城石さん(レンタル)
④北山さん(レンタル)
⑤めぐちゃん(レンタル)
⑥島さん(レンタル)
⑦トミタさん(自車輌)
⑧佐藤さん(レンタル)
⑨清水さん(レンタル)
⑩はまはらさん(レンタル)
⑪本田さん(レンタル)
⑫マリケツ(レンタル)
⑬かずさん(自車輌)






⑳横川くん(自車輌)
21.GLギンさん(レンタル)
22.とっしぃ(レンタル)
23.アライくん(レンタル)
24.藤くん(レンタル)
25.私CEO(レンタル)

初参加大募集です。セパツーにデビューするにも自信がないあなた。卒業してみたものの、もう少し練習したいと言うあなた。これを期に、仲間を増やしたいあなた。
そんなあなたの為の練習会です。是非ご参加ください。

※女子更衣室は、利用可能です。
※プロテクターは、貸し出しありです。
※レンタルは、CB400/NC750の2種類のみです。  


  • Posted by CEOFAZER  at 11:11Comments(34)部活動イベント

    2018年06月09日

    GW特集 ~四国お遍路ツーリング~(Day 6)

    5/4 四国お遍路ツーリング Day 6

    朝9時、お世話になった徳島ユースホステルのオーナーとのわかれを惜しみつつ、徳島港に向けて出発。30分走って到着‼️遠くに見えているのが、東京に帰るフェリーです。


    少し早めに着いたとは言え、お土産買ったりする時間を考えるとそれほど余裕もなく、二人はチケットを引き換え。私は、結構デカいフェリーの接舷に見いっていました。船は、通常右舷から接舷します。インペラ(スクリュー)の形状から、回転してないと右側に船尾が振れる為、右舷からの方が断然楽なのです。ジェットスキーでも一緒です。

    さて、二人がお土産を買いに行くとの事で、私はここでお別れ(;_;)/~~~
    鳴門ICから瀬戸淡路鳴門自動車道って、何処を走るのか分かりやすい高速に乗って、大鳴門橋を渡り淡路島に上陸。一瞬で終わっちゃうサイズかと思っていたら、淡路島って想像以上にデカい。
    津名一宮ICで降りて海岸線の国道28号を流していると、噂に聞く玉ねぎの直売所。


    さらに進むと、何やら巨大な仏像らしきものを発見。しかし、どこにも案内看板などがなく、何者なのかさっぱり不明。良く見ると、不細工。変な襟巻きしていて、おまけに腹に穴が開いている。


    門も閉鎖されていて草だらけ。見上げると見たこともない巨大な十重の塔。しかし、屋根が剥げていてボロボロ。


    調べてみると平和観音寺と言うものの宗教法人ではなく個人で建てて、中は博物館だったとの事。1977年に建てられ2006年に倒産したら手付かず。首の展望デッキからむち打ち観音の名で、決して地元に親しまれることなく廃墟になり2014年の台風で壊れたとか。ほんと、見るからに危ない‼️早く丁重に撤去して欲しいものです。

    さて、私が淡路島に降り立った目的はコチラ。ライダーズカフェあわじ。地元ライダーに愛されるママと娘さんが営むお店。


    入口には、何故かペット的なポニーが居ました。お散歩…どうしてるんだろう⁉️(笑)


    広くゆったりとした店内には、バイク雑誌なんかもあってくつろぎ空間。でも、常連さんはみんなカウンターのママに集まるって言う良いお店


    店内には、お客さんの写真などが沢山あって、地元に愛されてる感じがとっても伝わってきます。


    いただいたこの日のランチは、あわじカレーダムカレーって言うのは良くあるけど、淡路島がカレールーの海に浮かぶ逸品。旨かったですよ。


    そして、おやつも一緒にいただきました。あわじのお焼きです。カリっとした外側に比べて、しっとり上品な甘味のあんこ。これも素朴な味で良かったです。近ければ、また来たいと思いますが、いかんせんチト遠いなぁ~…(^_^;)



    東浦ICから神戸淡路鳴門自動車道(長い名前。地元では何と略すんだろう⁉️)に乗り直して、第2神明道路で神戸に。阪神高速3号神戸線→名神高速とつないで、尼崎を抜けて大津へ。新名神→東名阪で四日市へ。木曽川が見えたらもう着いた感じです。この日は、約300kmで15時半には帰宅しましたとさ。



    今年のGWは、864kmでした。バイクで走った距離は、2日あれば余裕な距離ですが、歩いた距離と高低差を計ってみたかった‼️

    …………………………………………………………………………………………
    さてさて、先週末は、岐阜の山の中をフラフラしてました。郡上市にあるライダーズカフェでモーニング。


    店内もオーナーの趣味で、なかなかにお洒落な空間です。展示を見せてもらっているだけでも、結構楽しめます。


    ここはせせらぎ街道から少し入った所にあり、川のほとりなので、窓からの眺めはせせらぎそのもの。川のほとりでBBQが出来るスペースもありました。


    同じ敷地にロッジもあって、結構大人数でも泊まれる様です。新緑深まる森の中でお泊まり出来たら楽しいだろうなぁ~と思いました。


    その後は、付知峡を抜けて、恵那にある坂折棚田を見てきました。


    皆さんも棚田を見るならこの時期がオススメです。場所により、少しずつ時期がずれますが、水を張って、田植えをし始める時です。稲が育つと段差が見え辛く、冬だと茶色一色。田植え前だと草刈りしてないので、ただの草原です。


    水を張って、田植えを始めたかどうか…くらいの棚田が1番好きですね。ここも見応えありました。



    さて、来週末はセパツーです。日曜は、今のところ概ね晴れですが、夕立がある予報ですね。晴れる事を祈っていてください‼️
      


  • Posted by CEOFAZER  at 13:37Comments(2)ツーリング旅行

    2018年06月05日

    GW特集 ~四国お遍路ツーリング~(Day 4-5)

    5/2-3 四国お遍路ツーリング Day 4-5


    さて、セパツー&GOツーのコラボ企画があって、だいぶ間が空いてしまいましたが、GW特集はまだ終わっていません‼️(笑)
    日付を5/2(水)に戻します。この日は、かなり前から雨の予報でした。ずれ込む事を期待していましたが、やっぱりこの日に落ち着くとのことで、仕方なくお遍路を諦めました。
    朝7時に出発して15分のところにあるコメダ珈琲でモーニング‼️私は、転勤してからと言うもの、贅沢なモーニングに慣れてきたせいか、全く凄さを感じなくなっていますが、一切追加料金なしなので凄い頑張ってますよね。
    そしてここでも親方に驚かされます。一杯飲んでお喋りしていると『もう一杯飲んで良い⁉️』っと言うので勿論良いよっと…。
    店員さんを呼んで注文すると、急かさず『モーニングはいかがなさいますか⁉️』っと。3人で一瞬???
    そうですよね。あのモーニングは、来店に対してのサービスではなく飲み物に対してのサービス。もう一杯頼めば、もう1つ付いてくる。それを理解した時には、親方はその日2つ目のモーニングを頼んでました。そして一服している隙に、珈琲もろともモーニングを飲み干していました…(^_^;)
    8時半に空が怪しい色なのを見て慌てて外に出ると、時既に遅し‼️小降りの雨の中を15分走ってスーパーに駆け込み、その日の食料を買い出しです。今回泊まっているのはユースホステル。ここは質素な旅で、知見を広げるのが目的。っと言うことは、昼間は居ちゃいけないのです。ましてやルームサービスなんてあるはずがありません。
    25分で食料と飲み物を買い込み3km先のユースホステルに戻ります。この日は、事情を話してオーナーの特別な計らいによって部屋に居て良いことになりました。ほんの僅かな軒先にバイク3台をねじ込み、部屋に入って一息つく頃にはどしゃ降りでした。
    ゆっくりとガイド等を見ながら、明日の作戦を練り、食っちゃ寝…食っちゃ寝…。明日は、逆から回る手もある…っとか言いつつ、さっさと1番風呂に浸かって、飲んで寝ました‼️

    そして5/3(木)は、まだ少しガスっていて、肌寒さも感じる中を6時前に出発。6時半に目的地近くのコンビニ到着。寒いし小腹も減ったし、いろいろ腹ごしらえしてから到着したのが第11番札所の藤井寺。


    弘法大師が42歳の厄年に17日の護摩業をしたところ、そこに5色の藤が咲いたとか。


    その時掘った薬師如来がご本尊と言うから、きっと厄払いは凄いはず‼️私も42歳で訪れたかった…(^_^;)


    ここから第12番札所へと続く遍路道がありました。13kmあるんですけどね…(^_^;)


    元々は真言密教だったのを幾度かの焼失を経て臨済宗の力で復興し改宗しているそうですが、厄除け薬師如来の御利益は変わらないとか。


    そして徳島お遍路の最大の難所(お遍路転がし)と言われる区間に突入します。地図を見ると徒歩なら13kmの険しい山道を行くのですが、バイクならかなり遠回りしろとのこと。駐車場の人に聞くと『こっちを回れば普通に行けるよ』ってことでしたが、実際に行ってみるとヤビツ峠よりキツい‼️(笑)
    前日の雨もあって、所々にウェットパッチ。個人的には徐々にリズムもわかって楽しくなってきましたが、親方を振りきっちゃうのでポイント毎に小休止。そして最後の駐車場へのアプローチもなかなかに険しく、駐車場すら平面じゃないところにやっと到着‼️
    第12番札所の焼山寺。つくと既に親方が…(笑)


    駐車場からも結構砂利道をあるくのですが、寄贈により様々な仏像があり、全く飽きることなし‼️折角なので一気見せです。














    ねっ、別に仏像マニアなわけでもないんですが、これだけの仏像が並んでる参道の長さがおわかりいただけたかと思います。釈迦如来・大日如来・薬師如来・弥勒菩薩・地蔵菩薩等々、オールスター夢の共演って感じです。別にトキメかないんですけど…(^_^;)
    そして極めつけがこの階段です。333段もありませんけど、ライディングシューズには結構堪えます‼️


    やっと本来の第12番札所である焼山寺に到着しました。


    神通力を使う大蛇が山火事を起こして、弘法大師が真言を唱えながら封じ込めたが、焼山になってしまったことから名付けられたとか。


    元々の開山は飛時代と言うから驚かされます。


    標高938mの8合目にある焼山寺。それは眺めも良いわけです。


    GWと言うこともあって、ツツジやサツキがあちこちできれいに花を付けていました。


    親方‼️今晩のおかずが、こんなところに居ますぜ‼️


    さて、ここからはある程度険しい道を下り、国道に出たかと思えばすぐに県道に戻り決して広くない道を20km進んで、かなりの風吹きすさぶ中を第13番札所の大日寺に到着です。


    記憶力の良い人は『あれ?前にも行ったはず⁉️』って思うかも知れません。第4番札所も遍照院大日寺。ここは花蔵院大日寺。


    開基は、弘法大師ご本人。この地で修行してたら大日如来が降りてきて霊地だから寺建てて祭りなさい‼️って言われたので、大日如来を掘って祭ったのが始まりなのに、今は脇仏で十一面観音が本尊なんだとか。此方の仏様、何か和むっと言うか、良いお顔をされてますよね。


    此方はしあわせ観音ですが、ここにはぼけ封じ観音様もいらっしゃるとのことで、いろいろ連れてきたい人の顔が浮かびました…(笑)


    さて、ここから3.6km程で第14番札所の常楽寺です。岩場にそのまま建てられたお寺さんで、ほのぼのします。


    ここは唯一の弥勒菩薩をご本尊にしています。弥勒菩薩は、56億年先の救済の事まで考えてくれているらしいですよ。


    岩場は、ライディングシューズだと結構疲れますね…(^_^;)


    この頃になると何人かバイクでお遍路している人と度々すれ違う様になりました。


    またここまで来ると般若心経もかなり覚えつつあります。


    次なる第15番札所の國分寺。四国にそれぞれある國分寺の徳島県の國分寺。


    残念な事に本堂は工事中でした。ご本尊の薬師如来は、移設されているのか、そのままなのか…(^_^;)


    仮本堂なるものがあったので、ご本尊が移設されているものと信じてお参りしてきました。


    弘法大師が訪れた頃に真言宗に改宗したそうです。その後、さらに曹洞宗に…って、随分浮気なお寺さんだこと…(笑)


    確かに、大々的な工事をしている様です。この規模の改修工事…一体いくらになるんでしょうね。


    そして御朱印をいただきに行くと、ここで1番の驚きに遭遇。なんと樹齢数百年、住職も正確にはわからないサボテン‼️ここまで木になるんですね。初めて見たかも。



    ここからは、2kmほど平地を移動して第16番札所の観音寺。弘法大師に建立され、戦火で焼けたりしながら18世紀に再建。


    ご本尊は、その名の通り千手観音。弘法大師が千手観音を多く掘っているのには何か理由があるのでしょうか⁉️


    不動明王や毘沙門天が脇を固めます。不動明王が1番怖い顔してますよね。



    この時点で13時を過ぎていたので、近くでランチを探すことに。王者-23と地元で人気のお店を探し当てて拉麺をいただきました。続々と途切れる事なくお客様がいらしてました。



    さて、残り僅かになってきましたが、2kmほど移動して第17番札所の井戸寺。


    仁王門には、どでかいわらじがありました。足のサイズは、幾つ⁉️推定身長は⁉️なんて考えながら見てしまいました。


    平地に建てられた井戸寺は、広くゆったりとしたお寺さんでした。2mほどある十一面観音は国宝です。


    元々『妙照寺』っと言われていたのが、弘法大師が訪れた時に水不足や濁水で悩む村人を哀れみ井戸を掘ったら、一夜にして清水がわき出た事から井戸寺になったとか。


    大師が掘った伝説の井戸を覗き込んで、自分の姿がうつれば無病息災、うつらなかったら3年以内の厄災見回れるんだとか。



    ここまで比較的近くに並んでいたお寺が、ここからは18km50分ほど離れた場所まで移動します。一気にユースホステルをも通り越してたどり着いたのが第18番札所の恩山寺。


    元々は8世紀に建立された時は密厳寺と言ったらしいです。一度戦火で消失したものを19世紀の始めに復活させたとのことで、既に約220年の歴史。


    薬師如来がご本尊。っと言う事で薬師如来が出迎えてくれます。


    昔は、第19番札所に続く坂の上は、女人禁制だったのを弘法大師の母上が訪ねて来たときに、17日の修行で祈願して許される様になったとか。


    今思えば、17日もあったら一度坂を下って会いに行けば…っとも思わなくもないが、凄いことをしたと言う事で、今のご本尊は弘法大師そのもの。



    さてさて、今回のバイクお遍路の最後となったのは第19番札所の立江寺。ご本尊は、元々皇室の安産祈願で作られた5.5cmほどの地蔵菩薩。


    弘法大師が訪れた際に、それじゃ盗まれたり無くしたりするでしょ⁉️って事で1.9mほどの地蔵菩薩を掘って、その中に元のご本尊を隠したのだとか。本当に今も隠れているのか⁉️


    元々は8世紀の始めに今より西側に建てられていましたが、戦火で部分的に焼けたり移設されたり、今の建物は私よりも年下…(笑)


    とは言え、天井絵など幾つかは重要文化財。立派なものでした。


    こちらは、その昔不義をしたお京という女がこの寺に詣り懺悔したら、髪の毛が逆立ち鐘の緒に巻き上げられて残ったという伝説のお堂。怖いな…(@_@;)


    この日は、とても暑くて日陰を探しながらお参りしてました。最後は、色鮮やかな毘沙門天。やっぱり不動明王よりは怖くない‼️(笑)



    このタイミングで17時半を過ぎ、お遍路としてはタイムアップ‼️っと言う事で、最後のシメは焼肉にすることにして、一路徳島港の方まで戻って焼肉屋探し‼️(笑)
    潰れてたりお休みだったりと二軒に振られながら、やっと焼肉屋にたどり着くも満員。仕方なく『どこか近くで時間潰せるカフェとかありませんか?』っと相談すると、カフェなら隣に…(笑)


    連絡先を教えて、空いたら連絡もらえるように相談しつつお洒落なカフェで茶をしばきに。当然、これから焼肉だって言うのに親方は食べてました‼️(笑)


    親方のアペタイザーにはお握りも含まれているのです‼️(爆)


    そして念願のお肉到着‼️そして瞬殺でステージから消えて行きました。


    たまには、脇役もステージに現れますが、出番は一瞬です。90分の持ち時間をたっぷり余らせて20時にお肉の劇場は幕となりました。


    徳島には第23番札所まであります。本来ならば、そこまでは行っておきたかったのですが、しっかり手順を守って丁寧にお参りした結果、今回第19番札所までとなりました。

    夜は、徳島を惜しんで楽しく飲みました。次回への想いを語りながら…

    さて、いよいよ次回は帰り道です。帰るだけなので短いですが、途中寄り道もしているので、その模様をお送りします。
    とっても長いツーレポになりましたが、このツーレポを病院で暇している人達に捧げます‼️(笑)


      


  • Posted by CEOFAZER  at 22:50Comments(1)ツーリング旅行